トップページ > トピックス > 153名が巣立ちました!第112回卒業証書授与式挙行!

a153名が巣立ちました!第112回卒業証書授与式挙行!

a「感謝しかありません。」

平成27年3月1日(日)。第112回卒業証書授与式が挙行され、普通科第66期生153名が、安来高校という思い出深き、素晴らしい学び舎を巣立っていきました。

小雨降る中、静寂に包まれた体育館。
卒業生を、感謝の心を込めて、温かく送り出そうと在校生、教職員。
安来高校を支えていただいているご来賓の皆々様。
そしてわが子の成長の成果を見届けようと集まっていただいた保護者の皆様。

「卒業生入場!」
一気に体育館は割れんばかりの拍手の音に包まれ、卒業生の堂々たる入場。
卒業証書授与式が始まりました。

粛々と式は進み、在校生代表送辞では、生徒会長・櫛田くんの卒業生のパワーを感じたこと、先輩として力強く牽引してもらったこと、様々な感謝の想いが語られ、しっかりと伝統を受け継いでいくとの決意が示されました。

そして、送辞を受けて、卒業生代表答辞では実重くんが、後輩たちの想いをしっかりと受け止め、さらに高校生活の経験から学んだことや、これもすべての沢山の方々に支えていただいたおかげと「感謝」の気持ちが伝えられました。

旅立つ先輩と、次を担う後輩との熱い友情が再確認された瞬間でした。

そして、いよいよ旅立ちの時です。


「卒業生諸君!おめでとう!そして、ありがとう!」

「君たちの行く先、幸多かれと心からお祈りします!」