トップページ > トピックス > 大盛況!「しまねシンフォネット高校オーケストラ」定期演奏会

a大盛況!「しまねシンフォネット高校オーケストラ」定期演奏会

a“観衆を魅了した高校弦楽部”

去る1月31日(土)、松江市のプラバホールにて「しまねシンフォネット高校オーケストラ」第15回定期演奏会が開催されました。
この「しまねシンフォネット高校オーケストラ」は、県内5校の弦楽部(同好会)で構成されたオーケストラです。
本校からも弦楽部の10名が参加しました。

観客動員220名と、例年よりやや少なめの観衆でしたが、フルオーケストラの迫力や弦楽合奏の美しい響きが良かったと、たくさんの賞賛をいただきました。
 安来高校の単独演奏では、日ごろから、じっくりと取り組んでいる成果が充分に活かされました。多少戸惑った部分はありましたが、曲の魅力は十二分に伝えることができたと満足しています。
 合同合奏は、合同練習会5回と、万全な準備はできませんでしたが、練習会を重ねるごとに良くなり、今回の演奏会では最高の演奏ができました。
 各校弦楽部員のモチベーションも高く、自分たちで行った運営も非常にスムーズにできました。

~顧問より~
今年度のビックイベントが終了しました。我が弦楽部は、本番を経験するごとに成長しています。「この曲は、何を表現すべきか」をこれからも指導者と生徒が一緒に考え、一緒にひとつの音楽をつくっていきたいと思っています。メンバーたちは、初心者も含め、本当に頑張って演奏してくれました。たくさんのご来場賜り、本当にありがとうございました。


※「児玉校長のホットな提言」でも、今回の演奏会の感想が掲載されています。ぜひ、ご一読ください。