トップページ > トピックス > 春高バレー報告 “ご声援ありがとうございました!”

a春高バレー報告 “ご声援ありがとうございました!”

a初戦で涙…

平成27年1月5日(月)、東京体育館にてジャパネット杯春の高校バレー!第67回全日本バレーボール高等学校選手権大会が開催され、島根県代表として女子バレーボール部が出場しました。

女子バレーボール部は6年連続33回目の出場となります。“全国2勝”の夢を実現するために一生懸命、日々厳しい練習に取り組んできました。
対戦は、北海道第1代表の札幌山の手高等学校。全国高校選抜のエース・橘井選手を擁するタレントぞろいの強豪。レシーブ力もあり、本年度の全国高校総体(インターハイ)では、ベスト16という成績をおさめ、勢いのあるチームです。

第1セット、3-3からスーパーエース・池谷を中心とした攻撃で7-3とリードします。相手のミスもあり、最大6点ものリードを広げますが、19-15から、地力のある札幌山の手高校の猛攻で、22-24と相手に先にセットポイントを握られます。池谷のスパイク、セッター・糸原のサービスエースで24-24のデュースとしますが、相手のスパイクで24-26と1セット目を奪われてしまいます。
第2セットは、勢い付いた札幌山の手高校の強打に点差を縮めることができず、19-25と敗戦してしまいます。

しかし、終始、笑顔を絶やさず戦い抜いた安来高校に会場から大きな声援が送られました。

たくさんの方々にご声援いただき、東京の大きな会場で堂々と戦い抜いた安来高校。
今回は、初戦敗退となりましたが、まだまだ安高は挑戦し続けます。

本当にありがとうございました。
女子トーナメント表(1月9日現在) [pdf:85KB]




上京する途中、山梨県でこんな絶景に出会いました。