トップページ > トピックス > 3年生登校日…校長講話

a3年生登校日…校長講話

a“ 与えられた条件の中で どれだけ動けるか!”

3年生は、センター試験以降、自由登校となっています。学校では、大学受験を目指す生徒には特別授業が実施されています。

そんな中、2月20日(木)は、久々に3年生が全員集まる3年生登校日でした。今回は、午後から中の海会館研修室にて卒業を控えた3年生に対して、高橋泰幸校長から「人生のアドバイス」ともいえる講話がありました。
高橋泰幸校長
高橋泰幸校長
高橋校長は、自らの学校生活や級友や恩師との出会いを振り返り、人生にはたくさんの『岐路』があり、その『岐路』をいかに自らのチャンスに変換していくかという内容で講話していただき、3年生は自分の今までの学校生活とリンクさせながら、今後の出会いを大切にできる人になりたいと真剣に聞くことができました。
最後に高橋校長の人生訓ともいえる『与えられた条件の中で、どれだけ動けるか!』という言葉を3年生に送っていただきました。

2月21日(金)に特別授業は終了し、いよいよ卒業式を待つのみ。2月28日(金)には、再び3年生登校日となり、卒業式のリハーサルや卒業生会(中の海会)の入会式などが行われます。そして、3月1日(土)は、卒業式。

今後の可能性は、無限大。この校長講話が必ずや生きると確信しています。